ウォシュレットの進化と現状

ウォシュレットは商品名です。トイレ便座洗浄器を発明したのは実は日本ではなく、アメリカの会社が発明をしたものなのです。しかし現在では、その設置状況を見ると日本製が格段に多くなっています。これは日本の豊富な水と、水質によってこの普及がなされたものです。飲み水もままならない地域では、水洗便所を設置することすらままならず、そのうえトイレ便座洗浄器を設置というのは物理的に無理です。

また、ヨーロッパの方の水質は硬水で、トイレ便座洗浄器のような微妙な水の出方が問われるものにはむいていない水なので、あまり普及はしていません。ヨーロッパの外国人旅行者が日本の素晴らしいと思うことは何かという質問で、トイレがよいという答えも時折出ています。ですから、日本で開発された温水便座洗浄器が、そのまま世界各国で使用されているわけではないのです。この日本の温水便座洗浄器の、研究にはかなりの研究時間を要し、事細かな点にまで開発されています。当初のデーターには、ベースとなるデーターが存在していなかったので、メーカーの社員がそのデーターの提供をして、ベースとなるデーターを作っていました。その成果もあり、現在のような、ほとんどの人に合うものが出来上がっているのです。

現在では日本の温水便座洗浄器のメーカーも増えており、陶器を製造するメーカーが開発しているものや、電気メーカーが開発しているものなど、様々なものが出ています。温水便座洗浄器も、各社によって様々な機能を持ったものが開発されていて、日本のトイレを華やかにしています。中でもホテルなどに設置してあるものは、比較的高級なものが多いので、設置を考えているのであれば、ある程度どのレベルのものがよいのか下調べをしておくとよいでしょう。

※注目関連サイト
様々な種類のトイレを販売しているトイレ専門の通販サイトです ⇒ ⇒ トイレ 通販サイト

 

Copyright © 2014 ウォシュレットの進化と現状 All Rights Reserved.